シャンプーを変えても髪は生えない・けど抜け毛予防にはなる

シャンプーを変えても髪は生えない・けど抜け毛予防にはなる

「髪を育てるシャンプー」

言い換えれば育毛シャンプーと呼ばれる商品が沢山販売されていますが、育毛シャンプーに変えて髪が生えて来た方は少ないのではないでしょうか。

と言うのも、シャンプーはあくまで抜け毛を予防するためであって、髪の毛を生やすような働きはないのです。

シャンプー = 育毛・発毛促進 ×
シャンプー = 抜け毛予防 ◯

 

 シャンプーで育毛・発毛はできない

芸人さんを使った有名なシャンプーCMのおかげか、いつからか髪に良いシャンプーを使えば髪が生えるようなイメージが定着していますが、改めてシャンプーの役割について考えてみましょう。

シャンプーは、頭皮や髪についた汚れを洗い流し、頭皮を正常な状態に保つことが目的。 正常な状態とは、皮脂量のバランスが良く・フケ・かゆみ・炎症がない頭皮状態のことです。

皮脂の分泌は抜け毛が増える原因と誤解されている方もいますが、皮脂は取り過ぎても、多すぎてもダメです。 と言うのも、皮脂が分泌されることで頭皮の表面を覆い、紫外線やダメージから頭皮や髪を守る働きがあります。

皮脂が多すぎると細菌が繁殖しやすく、抜け毛の増加に繋がりますが、 皮脂を取り過ぎるてもフケやかゆみの原因になり抜け毛の増加の原因になるのです。

髪にいいシャンプーは、頭皮や髪の汚れを洗い流し、頭皮を正常に整えることが目的なので、髪の毛を育てるような働きはないのです。  髪を育てることはありませんが、シャンプーを変えることで得られるメリットはあります。

 

 シャンプーを変えることで得られるメリット

シャンプーを変えることで得られるメリット

シャンプーを変えることで得られるメリットは「抜け毛予防」に繋がるということ。 特に、現在ドラッグストアで売っているシャンプーを使っている方は、シャンプーを変えるだけで抜け毛の量を減らすことができます。

というのも、ドラッグストアで売っているようなシャンプーは「洗浄力が極めて高く、必要な皮脂まで取り除いてしまう」ほど強烈で、弱った頭皮を洗い続けていると抜け毛が増える原因になっているのです。

どれくらい強烈な洗浄力かというと、成分によっては「車の洗車液や工業用洗剤」に使用されるほど強烈な洗浄力です。 想像してみて下さい。工業用洗剤と同じ成分で毎日頭皮を洗っていたら・・・

抜け毛が減らないのも当然ですよね。

なかなか抜け毛が減らずに悩んでいる方は、髪にも頭皮にも悪いシャンプーを変えた方が良いと思います。洗浄力の高い市販のシャンプーから変えるだけで抜け毛を減らせますよ。

 

 髪に悪いシャンプーとは?

抜け毛を増やす髪に悪いシャンプーは、配合されている成分を見て判別します。 シャンプーボトルまたはパッケージに書かれている成分表を見て、4番目以内に以下の成分が書かれていたら髪に悪いシャンプーの可能性が高いです。

  • ラウリル硫酸Na
  • ラウリル硫酸カリウム
  • ラウレス硫酸Na
  • ラウレス硫酸TEA

上記の成分は洗浄力が高く必要な皮脂まで取り除いてしまいます。 製造コストが安く大量に作れるので、市販シャンプーの多くに使われているのも特徴ですね。

市販のシャンプーだと、・メリット ・サクセス ・パンテーン ・ダヴDOVE ・アジエンス ・h&s(エイチアンドエス)などがそうです。

あなたの使っているシャンプーは大丈夫でしたか? もしも髪に悪いシャンプーを使っているようなら、髪に良いシャンプーへ変えると抜け毛を減らせると思います。

 

 髪にも頭皮にも良いシャンプーとは?

シャンプーと一言でいっても、・高級アルコールシャンプー ・石鹸シャンプー ・アミノ酸系シャンプーの3種類に分けられます。

 

高級アルコール系シャンプー

高級と付くからといって、値段が高いとか品質が良いと言うわけではなく、アルコールに含まれる炭素が多いものを高級アルコールシャンプーと呼びます。

泡立ちが良く、洗浄力が高いのが特徴で、原油由来の界面活性剤を使っています。 ドラックストアで売っているような市販のシャンプーの殆どが高級アルコール系シャンプーです。

 

石けん系シャンプー

石けんをベースに作られるシャンプーで、洗浄力が高く毛穴の汚れをシッカリ落としてくれるのが特徴。 ただ、石けんシャンプーはアルカリ性で洗浄力も高いので、正しく使わないと髪と頭皮に余計なダメージを残してしまう可能性があります。

 

アミノ酸系シャンプー

高級アルコール系や石鹸シャンプーに比べて刺激が弱く、頭皮にも優しい天然由来の界面活性剤が使われています。 肌の弱い方や乾燥肌・敏感肌の方におすすめです。

 

 どれが一番良いシャンプーなのか

髪にいいシャンプー

3種類のシャンプーを紹介しましたが、一般的には低刺激のアミノ酸系シャンプーが良いとされています。 弱った頭皮への負担が少なく、人の身体と同じアミノ酸系シャンプーが安心です。

ただ必ずしもアミノ酸系シャンプーが良いというわけではなくて、大切なことは「自分の肌や髪質に合っている」シャンプーを選ぶことです。

高級アルコール系シャンプーを使っていて問題がなければ無理に変える必要はありません。 ですが、高級アルコール系シャンプーを使っていて悩みが改善されなければ、アミノ酸系シャンプーに変えてみましょう。

特に、肌が弱い方や敏感肌・敏感肌の方にアミノ酸系シャンプーはおすすめです。  石けんシャンプーは、扱いが難しい上に洗浄力が高いので使わない方が良いと思います。

 

 シャンプーを変えても髪は生えない・まとめ

スカルプDなど育毛シャンプーと呼ばれている商品のレビューを見ていると「シャンプーを変えて髪が生えてきました!!」「シャンプーを変えて髪が増えたように感じます!!」といったレビューが度々ありますよね。

しかし実際は、シャンプーを変えて髪が増えたのではなく「シャンプーを変えたことで抜け毛が減って、髪が増えたように感じる」といった方が正しいです。 それでは最後に、ここまで説明したことを改めて確認しておきましょう。

  • シャンプーで育毛・発毛はできない:
    シャンプーは、髪や頭皮の汚れを落とすことが目的であって、シャンプーに育毛効果はない。
  • シャンプーを変えることで得られるメリット:
    シャンプーに育毛効果はないが、髪に良いシャンプーに変えることで抜け毛を予防できる
  • 髪に悪いシャンプーとは:
    洗浄力が強烈で、必要な皮脂まで取り除く成分が配合されたシャンプーは変えた方が良い。
  • 髪に悪いシャンプーとは:
    ・ラウリル硫酸Na・ラウリル硫酸カリウム・ラウレス硫酸Na・ラウレス硫酸TEAこれらが配合されたシャンプーは洗浄力が強い。頭皮にトラブルがある場合は、髪に良いシャンプーに変えた方が良い。
  • 髪に良いシャンプーとは:
    シャンプーは、・高級アルコールシャンプー ・石鹸シャンプー ・アミノ酸系シャンプーの3種類がある。 弱った頭皮への負担が少なく、人の身体と同じアミノ酸系シャンプーが安心。

シャンプーを変えても髪は生えてきませんが、自分に合ったシャンプーを使うことで抜け毛が減らせるので、抜け毛が減らずに悩んでいる方は、髪にいいシャンプーに変えると抜け毛を減らせます。

 

 

生え際の育毛・発毛を促進する

生え際薄毛の改善に最もおすすめの育毛剤

生え際に効く!育毛剤のおすすめランキング

口コミ評判の良いAGA専門クリニックのおすすめランキング

生え際の回復を促進させる育毛剤と育毛サプリ

効果があるから続けられる育毛剤のおすすめランキング

髪にいい育毛サプリメント総合ランキング

生え際の回復に向けたステップ

生え際に効く育毛剤の館

髪を太く育てる育毛栄養素

育毛にいい成分

育毛に繋げる生活習慣

育毛・発毛体験記

抜け毛の原因

AGAの館

薄毛の噂と都市伝説の真実

薄毛の噂と都市伝説の真実

コメントを残す

*

サブコンテンツ

 TOPへ