肌が弱くて育毛剤が使えないからこそ行う育毛・発毛プラン

育毛剤が使えないからこそ行う育毛・発毛プラン

乾燥肌・敏感肌・アレルギー体質などの理由で育毛剤が使えない方もいるかと思います。 生え際の回復に向けて「育毛剤が使えないのはシンドイな、厳しいな」と感じているかもしれませんが、諦める必要は全くありません!

むしろ何もせずにいると、生え際の後退は進んでしまうので、育毛剤が使えないからこそ行う育毛・発毛方法は取り入れていくべきといえます。

ここでは、肌が弱くて育毛剤が使えない方の育毛・発毛プランを解説していきます。ぜひ参考になさって下さい。

 

ステップ.1 抜け毛の原因を抑制する

ステップ.1 抜け毛の原因を抑制する

何よりもまず一番初めに取り掛かるべきことは、抜け毛原因の抑制です。 これは、今ある髪とこれから育つ髪を守るためで、まず抜け毛の原因を抑制しないと効果的な育毛・発毛法を実践しても無駄になってしまいます。

抜け毛が多い体質や頭皮状態のままで髪が生えてきたとしても、簡単に新毛が抜け落ちてしまい、いつまで経っても髪が増えることはありません。

私はよく「抜け毛が多い状態で育毛剤を使うのは、穴の空いたバケツに水を注ぎ続けているようなもの」と例えていますが、抜け毛が減るだけで「髪が増えた・生えた」と錯覚するほど効果があるので、まずは抜け毛原因を抑制することから始めて下さい。

育毛剤が使えないからこそ、意識的に抜け毛の原因を抑制していくことが大切です。 育毛剤ばかりに頼って、抜け毛の原因を改善しないで「育毛剤は効かない」と言っている方が多いようなので、育毛剤が使えないことは育毛・発毛を促していく上で逆に強みになると思います。

 

抜け毛が増える主な原因は以下の5つです。
  • 血行不良
  • AGA(男性型脱毛症)
  • 髪の栄養不足
  • 不衛生な頭皮環境
  • 睡眠不足

これら抜け毛が増える原因を改善しながら、次のステップ「髪が生えてくる体質を作る」へ入っていきます。

>>AGAを発症しているかも?まずは簡単な自己チェック

>>生え際が薄くなる抜け毛の原因・血行不良に繋がる習慣

>>シャンプーを変えても髪は生えない・けど抜け毛予防にはなる

>>睡眠不足は抜け毛や薄毛の原因ってホント?

 

ステップ.2 髪が生えてくる体質を作る

ステップ.2 髪が生えてくる体質を作る

抜け毛の原因を抑制しながら行う次のステップは、髪が生えてくる体質を作ることです。 具体的にどんなことをすれば良いのかというと、髪の元になる栄養を摂ることになります。

花を育てようとしているのに、花の種を撒いていなければいつまで経っても花は育ちませんよね? それと同じで、髪の元になる栄養がなかったらいつまで経っても健康な髪は生えてこないのです。

東洋医学、中でも漢方で髪は「血余(けつよ)」と言われていますが、ここでいう血とは「血液」だけでなく「栄養やエネルギー」などの意味も含まれていて、髪は身体に余った栄養で作られると考えられています。

この点からも髪の元になる栄養補給は重要です。 育毛剤を使えないからこそ育毛・発毛を促していくために、髪の元になる栄養が不足しないようにシッカリと補うようにしましょう。

>>髪を太く育てる為に欠かせない3つの育毛栄養素

>>髪にいい育毛サプリメント総合ランキング

 

ステップ.3 質の高い睡眠と運動で髪の成長を最大化

ステップ.3 質の高い睡眠と運動で髪の成長を最大化

基本的に髪が最も育つのは成長ホルモンの分泌がピークになる睡眠中です。

成長ホルモンとは:
身体の成長や代謝を促し、疲労やダメージを回復するために脳が出すホルモンの一種。 睡眠中に成長ホルモンが分泌されることで、細胞が活性化し、日中に受けた身体のダメージを修復させます。

寝ている間に髪が最も育つと言われているのは、睡眠中に成長ホルモンの分泌がピークになり、細胞分裂が活性化し髪をグングン成長させるからです。睡眠不足は抜け毛や薄毛の原因ってホント?

そして、睡眠中の次に成長ホルモンの分泌が多くなるのが運動後なので、育毛剤が使えないからこそ質の高い睡眠と運動を取り入れて髪の成長を最大化させていきます。

ステップ.1 抜け毛原因の抑制、ステップ.2 髪が生えてくる体質作りをしながら、質の高い睡眠と運動をとりいれることで今までに感じられなかった髪の成長を実感できるようになっていると思います。

>>生え際の育毛を促す質の高い睡眠をとる10のポイント

>>運動で汗をかきAGA対策と髪の成長促進!

 

同時進行で髪の成長を積極的に促す

同時進行で髪の成長を積極的に促す

育毛剤が使えないからこそ行う育毛・発毛方法についてステップ1〜3に分けて解説してきましたが、髪の成長を最大化させるならすべて同時進行で行った方が良いです。

というのも、育毛剤が使えないので効果を実感できるようになるには、どうしても時間がかかります。 特に生え際の回復となると、育毛剤を使った場合でも最低3ヶ月はかかるので、それよりも時間がかかると思った方が良いかもしれません。

こんな事をいうと誰もやらなくなるかもしれませんが、生え際の後退から復活する方法に「手間なく、苦痛なく、簡単に」なんてことはまずありえないので、本気で育毛・発毛に取り組む方だけが今の悩みから解消されると思います。

それに、おデコが広くて人目が気になったり、風が強い日は前髪が浮かないように時間をかけてセットしたり、髪型をセットするのが面倒で帽子を被ったり、帽子をかぶると蒸れて抜け毛が増えないか気になったり、こういった生え際が後退しておデコが広いことに対する苦痛に比べたら、本気で育毛・発毛に取り組むのなんて苦痛に感じないのではないでしょうか。

本気の育毛・発毛といっても実際にやる事はとても簡単でシンプルですし、今よりも生え際の髪を失って人目が気になり続ける人生よりも有意義だと思います。

同時に行った方が良いとお話ししましたが、1度に全部を改善する必要はありません。 人は自分が思っている以上に意志が弱い生き物なので、いきなり全てを改善しようとすると「それが苦痛すぎて、結局全部やめる」結果になります。

なので、まずは「とりあえず出来ることから取り入れる」この「とりあえず」を意識して気軽な気持ちで取り入れてみて下さい。

なんでも良いんです。 今まで食生活が乱れまくってた方は、1日1食だけでもバランスの良い食事を心がけたり、それでも足りないと思う場合は育毛サプリメントを飲んで髪の栄養を補ったり。

寝る時間がバラバラで短かった方は、質の高い睡眠が取れるように意識したり。 運動不足すぎて身体が鈍りきっている方は、とりあえず寝る前にストレッチをしてみたり。

まずは「とりあえず」という気軽な気持ちで出来ることから取り入れていって、最終的に健康な髪が生えてくる体質になるように進めていきましょう!

 

育毛剤が使えないからこそ行う育毛・発毛プラン

それでは最後に、ここまで説明したことを改めて確認しておきましょう。

  • ステップ.1 抜け毛の原因を抑制する:
    一番初めに抜け毛原因の抑制をすることで、今ある髪とこれから育つ髪を守る。
    抜け毛が減るだけで「髪が増えた・生えた」と錯覚するほど効果があるので、抜け毛原因を抑制することは重要。
  • ステップ.2 髪が生えてくる体質を作る:
    髪の元になる栄養がなかったらいつまで経っても健康な髪は生えてこない。 漢方で髪は「血余(けつよ)」と言われていて、髪は身体に余った栄養で作られると考えられている。こういった点から考えても髪の元になる栄養補給は重要。
  • ステップ.3 質の高い睡眠と運動で髪の成長を最大化:
    細胞分裂を活発にし髪をグングン成長させる成長ホルモンの分泌がピークになるのが睡眠中。 睡眠中の次に成長ホルモンの分泌が増えるのが運動後。 育毛剤が使えないからこそ質の高い睡眠と運動を取り入れて髪の成長を最大化させる。
  • 同時進行で髪の成長を積極的に促す:
    育毛剤が使えないので効果を実感できるようになるには、どうしても時間がかかるのでステップ1~3まではすべて同時進行で行う。 ただ1度に全部を改善する必要はなく、まずは「とりあえず」を意識して出来ることから取り入れていき、最終的に健康な髪が生えてくる体質を作ることが大切。

ここでお話しした育毛剤が使えないからこそ行う育毛・発毛プランは、育毛剤が使えないデメリットを意識を変えるだけでメリットに変えていくことを意識しています。

育毛剤が使えないのでデメリットもありますが、髪に良い育毛サプリメントを飲むことで髪の成長を更に促進させることができると思います。 ぜひ参考になさってみて下さい。

最後まで読んでいただきありがとうございました!

 

>>生え際の育毛を促す質の高い睡眠をとる10のポイント

>>運動で汗をかきAGA対策と髪の成長促進!

>>髪を太く育てる為に欠かせない3つの育毛栄養素

>>髪にいい育毛サプリメント総合ランキング

 

生え際の育毛・発毛を促進する

生え際薄毛の改善に最もおすすめの育毛剤

生え際に効く!育毛剤のおすすめランキング

口コミ評判の良いAGA専門クリニックのおすすめランキング

生え際の回復を促進させる育毛剤と育毛サプリ

効果があるから続けられる育毛剤のおすすめランキング

髪にいい育毛サプリメント総合ランキング

生え際の回復に向けたステップ

生え際に効く育毛剤の館

髪を太く育てる育毛栄養素

育毛にいい成分

育毛に繋げる生活習慣

育毛・発毛体験記

抜け毛の原因

AGAの館

薄毛の噂と都市伝説の真実

薄毛の噂と都市伝説の真実

コメントを残す

*

サブコンテンツ

 TOPへ