睡眠不足は抜け毛や薄毛の原因ってホント?

睡眠不足は抜け毛や薄毛の原因ってホント?

本当です。

睡眠不足は抜け毛や薄毛の原因になります。さらに付け加えると、睡眠不足は髪の成長不良にも繋がるのです。

寝不足が続いた翌朝、ニキビや肌荒れが気になったり、前日の疲れが抜けずに身体が重いと感じたことはありませんか?

それは、本来なら寝ている間に修復されるはずだった身体のダメージが睡眠不足によって回復できなかったからです。 睡眠不足が招く抜け毛や薄毛、あなたは普段ちゃんと寝ていますか?

 

睡眠不足が抜け毛や薄毛に繋がるのはなぜ?

髪は基本的に、寝ている間に成長します。 そして髪の成長を促しているのが、睡眠中に分泌される成長ホルモン。

成長ホルモンとは:
身体の成長や代謝を促し、疲労やダメージを回復するために脳が出すホルモンの一種。 睡眠中に成長ホルモンが分泌されることで、細胞が活性化し、日中に受けた身体のダメージを修復させます。

寝ている間に髪が最も育つと言われているのは、睡眠中に成長ホルモンの分泌がピークになり、細胞分裂が活性化し髪をグングン成長させるからです。

睡眠中に分泌される成長ホルモンの働きは髪の成長だけでなく、日中に受けた頭皮や血管のダメージを回復させる働きがあります。 しかし睡眠不足が続くと、成長ホルモンの分泌量が減り身体のダメージを回復しきれないのです。

寝不足が続いた翌朝、ニキビや肌荒れが気になったり、前日の疲れが抜けずに身体が重いと感じたことがありますよね?

それは、睡眠不足で成長ホルモンの分泌量が少なく、身体のダメージが回復できなかったことが原因。 肌と頭皮は同じ「皮膚」なので、肌に異常が起こっている場合は、頭皮にも何らかの異常が起こっている可能性が高いのです。

睡眠不足によって成長ホルモンの分泌が減る
↓↓↓
日中身体に受けたダメージが回復されない
↓↓↓
抜け毛の増加・髪の成長不良

睡眠中に分泌される成長ホルモンによって髪が成長し頭皮ダメージを修復しますが、大人になると成長ホルモンの分泌量そのものが減少していきます。

加齢による成長ホルモンの分泌量の低下

10代の頃どんなに寝不足が続いても薄毛にならなかったのは、成長ホルモンの分泌量が多く細胞分裂が活発に行われて髪が育っていたからです。

大人になって急激に髪が薄くなるのは、20歳過ぎから成長ホルモンの分泌が減るから。 そしてただでさえ少ない成長ホルモンの分泌を、さらに減らしてしまうのが睡眠不足・生活習慣の乱れなのです。

 

睡眠中に分泌される成長ホルモンのピークは?

睡眠中に分泌される成長ホルモンのピーク

成長ホルモンの分泌がピークを迎えるのは、睡眠のゴールデンタイムと言われる時間です。 睡眠のゴールデンタイムと聞いて、あなたはいつだと思いますか?

おそらく、22時~午前2時と答える方が多いと思います。

確かに睡眠のゴールデンタイムは22時~午前2時であると広く知られていますが、最近の研究で睡眠のゴールデンタイムと寝る時間帯は関係ないことが分かっています。

実際、現実的に考えて22時から睡眠をとれる方は少ないですよね? これは昔の日本人のライフスタイルに当てはめたもので、現代人の暮しには合わないのです。

 

睡眠のゴールデンタイムは、眠り始めの3時間

睡眠中に分泌される成長ホルモンは、就寝後3時間くらいに集中しているので「眠り始めの3時間で、途切れることなくグッスリ眠る」ことを意識して睡眠の質を高めることがポイント

眠りの深さと睡眠の質

※グラフの波は、浅い睡眠(レム睡眠)と深い睡眠(ノンレム睡眠)をおよそ90分感覚で繰り返し、起床するまで続いていることを描いています。 成長ホルモンの分泌量が増加するのは、深い睡眠(ノンレム睡眠)の時。

成長ホルモンの分泌は起床するまで続きますが、明け方には眠りも浅くなり成長ホルモンの分泌量も著しく低下していきます。 先ほども言いましたが、眠り始めの3時間でいかに深い睡眠をとるか《睡眠の質を高める》意識をすることが重要なのです。

 

浅い眠り・短眠など質の悪い睡眠は要注意

質の悪い睡眠とは、眠りが浅く翌朝起きたときに身体が重いと感じる・疲れが残るような状態。

眠り始めの3時間で《深い睡眠》を取るためには、寝る前の過ごし方が重要になります。 以下の習慣がある方は、質の悪い睡眠になっているかもしれません。

  • 寝る前の食事
  • 寝酒
  • 明るい環境で寝る
  • カフェインの摂り過ぎ
  • 激しい運動
  • 熱いお風呂
  • 寝る前の考え事

夜中に目が覚めてしまう中途覚醒の症状がある方は要注意。 中途覚醒は、睡眠が浅くなっている証拠です。

成長ホルモンの分泌は加齢とともに減少していくとお話ししていますが、ただでさえ少ない成長ホルモンの分泌量が減らないように、質の高い睡眠を取るように心がけましょう。

>>それは勿体無い!質の悪い睡眠に繋がる6つの習慣

 

睡眠不足は抜け毛や薄毛の原因・まとめ

質の高い睡眠はそれだけで育毛・発毛にとって良い働きをします。 深い睡眠をとるように意識して、髪の成長を最大化できるように心掛けていきましょう。 それでは、これまで説明したことを改めて確認しておきます。

  • 睡眠不足が抜け毛や薄毛に繋がる原因:
    睡眠不足によって成長ホルモンの分泌が減る
    ↓↓↓
    日中身体に受けたダメージが回復されない
    ↓↓↓
    抜け毛の増加・髪の成長不良
  • 睡眠中に分泌される成長ホルモンのピーク:
    睡眠のゴールデンタイムは22時~午前2時と知られているが、睡眠のゴールデンタイムと寝る時間帯は関係ない。
    重要なのは睡眠の質を高めることで、眠り始めの3時間で深い睡眠をとるよう意識する。
  • 浅い眠り・短眠など質の悪い睡眠は要注意:
    質の悪い睡眠とは、眠りが浅く翌朝起きたときに身体が重いと感じる・疲れが残るような状態。 ・寝る前の食事・寝酒・明るい環境で寝る・カフェインの摂り過ぎは、質の悪い睡眠に繋がるので改善した方が良い。

 

>>それは勿体無い!質の悪い睡眠に繋がる6つの習慣

>> 生え際の育毛を促す質の高い睡眠をとる10のポイント

 

生え際の育毛・発毛を促進する

生え際薄毛の改善に最もおすすめの育毛剤

生え際に効く!育毛剤のおすすめランキング

口コミ評判の良いAGA専門クリニックのおすすめランキング

生え際の回復を促進させる育毛剤と育毛サプリ

効果があるから続けられる育毛剤のおすすめランキング

髪にいい育毛サプリメント総合ランキング

生え際の回復に向けたステップ

生え際に効く育毛剤の館

髪を太く育てる育毛栄養素

育毛にいい成分

育毛に繋げる生活習慣

育毛・発毛体験記

抜け毛の原因

AGAの館

薄毛の噂と都市伝説の真実

薄毛の噂と都市伝説の真実

コメントを残す

*

サブコンテンツ

 TOPへ