生え際の育毛を促す質の高い睡眠をとる10のポイント

生え際の育毛を促す質の高い睡眠のとり方

しっかり寝ているはずなのに疲れが取れない、寝た気がしない、何となくダルい。

その原因は、もしかしたら睡眠の質が悪いことが原因かもしれません。 髪は寝ている間に最も成長するので、生え際の回復に向けて「質の高い睡眠」を取ることは必須です。

ここでは、生え際の育毛を促す質の高い睡眠のとり方を紹介していきます。睡眠の質を意識するだけで、髪はグングン成長する上に、翌朝の寝覚めもスッキリさわやかになります。

質の高い睡眠をとって、生え際の髪の成長を促進させていきましょう!

しっかり寝ているはずなのに疲れが取れない、寝た気がしない、何となくダルい。と感じる方は、寝る前にとっている習慣が「質の悪い睡眠」に繋がっているかもしれません。

まずはそれは勿体無い!質の悪い睡眠に繋がる6つの習慣で、質の悪い睡眠に繋がる習慣になっていないか?チェックしてみて下さい。

 

 生え際の育毛を促す質の高い睡眠をとる10のポイント

これから生え際の育毛を促す質の高い睡眠をとるポイントを説明していきますが、すべてを一度に改善する必要はありません。 今まで当たり前のようにやっていた習慣を変えることは大変ですし、一度にすべてを改善しようとすると「結局どれも続かなくて全部やめる」結果になります

まずは「出来る事からとりあえず始めてみる」このような軽い気持ちで、少しづつ取り入れていくようにしてみて下さい。 一つ改善するだけでも、今までよりも睡眠の質はグンッと上がります。

 

 就寝3時間前には食事を済ませる

就寝3時間前には食事を済ませる

食べた後にすぐ寝ると、胃で消化をしている真っ最中に眠りにつくことになります。 食べ物を消化している最中は、交感神経が優位に働き深い睡眠が摂りにくくなります。

生え際の髪の成長を促す深い睡眠をとるために、夕食は就寝3時間前には済ませておくようにしましょう。 今まで食べた後にすぐ寝ていた方は、これを意識するだけで翌朝のスッキリ感が全く違いますよ。

 

 寝る前にカフェイン・煙草・お酒は控える

寝る前にカフェイン・煙草・お酒は控える

寝る前のカフェイン、煙草、お酒は眠りの質を下げる原因になります。 特に寝る前のカフェインは、眠りが浅くなり、中途覚醒の増加になります。 お酒を飲んだ場合も、アルコールの分解中は交感神経優位になるので睡眠の質が下がる原因に。

カフェインなら寝る4時間前に、お酒なら寝る3時間前からは控えるようにしましょう。 ※ 少量の寝酒は入眠を促す働きがありますが、寝酒に頼らない入眠がベストです。

 

 寝る直前にスマホやPCは見ない

寝る直前にスマホやPCは見ない

人が眠くなる時は、脳からメラトニンというホルモンが分泌されることで眠りにつくことができます。 しかし、寝る前にスマホやPCなど強い光を見ると、このメラトニンの分泌が抑制され交感神経が優位に働き睡眠の質が下がってしまいます。

寝る前のスマホやPCは触らないようにして、質の高い睡眠をとれるようにしましょう。 ※画面の明るさを調節したり、離れて見ればいいとも言われていますが、電子機器は見ないのがベストだと思います。 寝る前のスマホいじりの恐怖と改善策

 

38〜40度くらいのぬるめのお湯に浸かる

38〜40度くらいのぬるめのお湯に浸かる

38〜40度くらいのぬるめのお湯にゆっくり浸かると、副交感神経が刺激されて日中のストレスを和らげ、精神的な安らぎを感じられるようになります。

38〜40度くらいのぬるめのお風呂なら睡眠の2時間前に済ませておくと、ストレス解消+寝つきがよくなり+深い睡眠がとれるようになるのでベストです。

※ 熱いお風呂が好きな方も少なくありませんよね。 しかし、熱いお風呂に入ると交感神経が刺激されて興奮状態になり、目が冴えてしまい寝つきが悪くなるので、熱いお風呂に入るなら睡眠の3時間前に済ませておきましょう。

 

 寝る前にストレッチをして身体をほぐす

ストレッチをして身体の大きな筋肉をゆっくり動かすことで、身体の深部体温を適度に高めてあげることがポイント。

また、寝る前にストレッチをして身体をほぐし筋肉の緊張をやわらげ”身体と心をリラックスさせる”ことで深い睡眠が取れるようになります。

寝る前にストレットを行うことで、スマホやPCを見ずに済みますし身体の緊張も一緒にほぐして深い睡眠につなげられるので、寝る前のストレッチは非常におすすめです。

 

寝る前に考えごとをしない

寝る前に考えごとをしない

何であんなことをしたんだろう・・・ どうして余計なことを言ってしまったのだろう・・・ 仕事がうまく行かない・・・ など不安や考え事をすると、交感神経が優位に働き入眠が悪くなってしまいます。

また、悩んだまま寝たり、誰かを恨んだりしていると悪夢をみる確率が高くなるというデータもあります。 深い睡眠をとるためにも、寝る前は考え事をしないようにしましょう。

 

薄暗い部屋で寝る

薄暗い部屋で寝る

テレビや照明をつけっぱなしにすると眠りが浅くなるのは、何となく分かりますよね。 じゃぁ「部屋を真っ暗にして寝ればいい」と思われるかもしれませんが、深い睡眠をとるためには真っ暗な部屋よりも薄暗い部屋で寝た方が良いのです。

というのも、部屋を真っ暗にすると外部からの刺激がなくなり、今日会った悪い出来事や、過去にあった悪いできごとを思い出して考え出してしまうのです。 こうなると先ほどの考え事と同じで、交感神経が優位に働き入眠が悪くなってしまいます。

寝るときは部屋を薄暗くして、深い睡眠をとれるようにしましょう。

 

静かな環境にして寝る

静かな環境にして寝る

人の話し声、車の騒音、足音、電化製品が発する音などの「騒音」は脳に刺激を与え睡眠の質を下げる大きな要因です。

しかし、その一方で「ラジオや音楽」「波の音や川のせせらぎ音」など単調な音があった方が寝付きやすいという人もいます。 何か音がないと寝付きにくいという方は、睡眠後30分~1時間ほどで音が自動的に切れるようにタイマーを使いしましょう。

 

 起床後は朝日を浴びる

起床後は朝日を浴びる

体内時計が乱れると寝つきが悪くなる原因に。 起床後に朝日を浴びることで体内時計をリセットし、体内時計のリズムを整えると寝つきが良くなっていきます。

朝日を浴びることは誰しもが行っていると思いますが、何気なく行っていることが体内時計をリセットする働きがあるのです。

 

 身体が沈まない寝具で寝る

身体が沈まない寝具で寝る

「質の高い睡眠は、良い寝具があるからこそ」 まるで寝具メーカーのキャッチコピーのようですが、深い睡眠をとるためには寝具も非常に大切です。

身体が深く沈んでしまうような寝具は、寝返りが打ちにくく身体の熱が逃げないので睡眠の質を下げる原因になります。 「暑くて眠れない」という方が多いようですが、こういった方は身体が沈んで熱が逃げないようなベッドで寝ている場合が多いようです。

お金がかかることなので簡単にはできませんが、できるなら良い寝具で寝て、深い睡眠がとれるようにしましょう。

 

生え際の育毛を促す質の高い睡眠をとる10のポイント・まとめ

質の高い睡眠をとる10のポイントについてお話ししてきましたが、初めにもお伝えした通り「すべてを改善する必要はありません」 さすがに、10のポイントを一度に改善することはストレスがかかることですし、まずは「とりあえず、できることから」と軽い気持ちで取り入れていくことが質の高い睡眠につなげるポイントです。

 

>>睡眠不足は抜け毛や薄毛の原因ってホント?

>>それは勿体無い!質の悪い睡眠に繋がる6つの習慣

 

 

生え際の育毛・発毛を促進する

生え際薄毛の改善に最もおすすめの育毛剤

生え際に効く!育毛剤のおすすめランキング

口コミ評判の良いAGA専門クリニックのおすすめランキング

生え際の回復を促進させる育毛剤と育毛サプリ

効果があるから続けられる育毛剤のおすすめランキング

髪にいい育毛サプリメント総合ランキング

生え際の回復に向けたステップ

生え際に効く育毛剤の館

髪を太く育てる育毛栄養素

育毛にいい成分

育毛に繋げる生活習慣

育毛・発毛体験記

抜け毛の原因

AGAの館

薄毛の噂と都市伝説の真実

薄毛の噂と都市伝説の真実

コメントを残す

*

サブコンテンツ

 TOPへ