それは勿体無い!質の悪い睡眠に繋がる6つの習慣

それは勿体無い!質の悪い睡眠に繋がる6つの習慣

髪に良い質の高い睡眠を取るには、寝る前の時間の過ごし方や行動がとても大切です。

しかし、寝る前行っている習慣が、睡眠の質を下げる原因になっていることが沢山あります。

ここでは、睡眠の質を下げてしまう6つの習慣を紹介していきます。 知らず知らずのうちに、睡眠の質を下げていないか?チェックしてみて下さい。

 

質の悪い睡眠につながる習慣

1. 寝る前の食事

寝る前の食事

寝る前に食事をすると、胃で消化をしている真っ最中に眠りに付くことになります。 食べ物を消化している間は、身体の深部体温が下がりきらないので眠りが浅くなります。

食べ物の消化が活発になるのは、食後から2〜3時間くらいが経ってから。これを考慮すると、眠りにつく3時間前には夕食を済ませるようにした方がいいでしょう。

 

2. 寝酒

寝酒

寝酒はストレスや緊張を和らげ、入眠を促す働きがあります。 しかし、アルコールを分解するために体力を使い、身体が交感神経優位になると、睡眠の質がグッと下がります。

飲酒の量にもよりますが、アルコールの分解を考慮すると、睡眠の3時間くらい前には飲酒を切り上げるようにしましょう。

※寝酒を続けると、身体がアルコールに対して耐性を持つようになり、眠りに付くために必要なアルコール量がどんどん増えていきます。 寝酒に頼らない入眠が出来るようになるのがベストです。

 

3. カフェインの摂り過ぎ

カフェインの摂り過ぎ

入眠が困難になる・眠りが浅くなる・途中覚醒の増加など、睡眠の質を下げる原因になるカフェインの覚醒効果は、4〜6時間続くと言われています。

しかし、カフェインの効果が切れるまでの時間には個体差があるので、夕方以降はノンカフェインの飲み物に切り替えた方がいいでしょう。

 

4. 明るい環境で寝る

明るい環境で寝る

TVや照明を点けっぱなしにしたまま寝ていませんか? 明るい環境では交感神経が活発になり、睡眠の質が下がってしまいます。

照明を消して、部屋を薄暗い環境にして寝るようにしましょう。

 

5. 激しい運動

激しい運動

激しい運動は、深い睡眠を妨げる原因になります。

筋トレなど負荷の高い運動は4時間前、ウォーキングなどの有酸素運動でも3時間前には切り上げるようにしましょう。

※運動を習慣化することで、深い睡眠が取れるようになるので、散歩やウォーキングなどの有酸素運動は積極的に取り入れた方が良いですね。

 

6. 熱いお風呂

熱いお風呂

熱い風呂じゃないと入った気がしない!という方でも、寝る前に熱いお風呂に入るのはやめましょう。 熱いお風呂は身体への負荷が高く、交感神経が活発になるので、睡眠の質が下がります。

どうしても熱いお風呂に入りたい方は、眠りに入る3時間前には済ませるようにしましょう。

半身浴やぬるめのお湯にゆっくり浸かることは、交感神経を和らげる働きがあります。 それでも2時間前には入浴を済ませておくことが理想的です。

 

質の悪い睡眠につながる6つの習慣・まとめ

睡眠の質を下げる6つの習慣について説明してきましたが、いかがでしたでしょうか?

これは大変そうだな・・・と感じた方が多いと思います。 すべてを改善しようとすると、精神的にかなりキツい思いをすることになりますよね。

なので、すべてを改善して完璧にする必要はありません。 まずは無理なくできることから取り入れていき、少しづつ睡眠の質を高めていくようにしましょう。(私自身、仕事の都合で寝る前にお風呂に入ることもありますし、夕食が遅くなることもあります)

気をつけられそうなところは気をつけて、今までの習慣を少しずつ直していくと、髪にいい深い睡眠がとれているのが実感できるようになります。

 

>>睡眠不足は抜け毛や薄毛の原因ってホント?

>>生え際の育毛を促す質の高い睡眠をとる10のポイント

 

生え際の育毛・発毛を促進する

生え際薄毛の改善に最もおすすめの育毛剤

生え際に効く!育毛剤のおすすめランキング

口コミ評判の良いAGA専門クリニックのおすすめランキング

生え際の回復を促進させる育毛剤と育毛サプリ

効果があるから続けられる育毛剤のおすすめランキング

髪にいい育毛サプリメント総合ランキング

生え際の回復に向けたステップ

生え際に効く育毛剤の館

髪を太く育てる育毛栄養素

育毛にいい成分

育毛に繋げる生活習慣

育毛・発毛体験記

抜け毛の原因

AGAの館

薄毛の噂と都市伝説の真実

薄毛の噂と都市伝説の真実

コメントを残す

*

サブコンテンツ

 TOPへ